• 立体駐車場とそのメーカー

    立体駐車場はたくさんの車両を収容したい場合に有効な駐車場です。
    駐車場は大きく自走式と機械式の2つに分けることができます。自走式とは運転をしている方が自らの運転によって行う仕組みになっているものです。


    スーパーやデパートなどはこの形式になっていることが多いです。
    自走式の場合は出入り口以外には機械的な要素や人員を配置する必要がないので比較的低めのコストで導入することができます。

    その駐車は運転手の力量に任せることとなり、なるべく事故の発生しにくい構造にすることが好ましいと言えます。とはいえ、スペースの関係上それなりに運転技術の必要な駐車場も存在します。

    無料で使用できる駐車場であれば特別な設備は不必要ですが、商業施設などで買い物を行うと無料になるという仕組みの場合それを適用するためのシステムが必要になります。立体駐車場はメーカーごとに細かな違いがあるケースも珍しくありません。機械で自動車を収容するタイプのものを機械式立体駐車場と言います。


    自動車をエレベーター式に運んでいく駐車場です。
    機械が故障しない限り事故が発生しないため、自動車と自動車をかなり近くに収容することが可能です。


    機械を操作できる人物を配置する必要があるため、自走式よりも人件費がかかることもあります。

    立体駐車場のメーカーをさらに詳しく調べてみませんか。

    機械を操作する人物でないと自動車を出し入れすることができないので、駐車料金などを受け取りやすい仕組みとも言えます。



    メーカーごとに収容の仕方が異なる場合があります。



    いずれの立体駐車場もメーカーが安全性を重視しているかどうかが重要と言えます。