シミのタイプ別の対策法について

by:

しみ治療新宿美容

シミの中でも炎症性色素沈着は、皮膚の炎症やキズが原因になります。にきびや傷跡が通常は一時的に薄茶色となって後は消えていきますが、消えずに残ってしまいます。このような場合は、ピーリングによる改善が期待できます。多くは、そのままにしておいても消えますが、肌荒れや日焼けが繰り返されることで消えにくくなってしまいます。

真皮までメラニン色素が沈着すると、レーザー治療などをしなければ取り除くことができないケースも存在します。次に老人性色素斑はシミの中でも多いものとして知られています。紫外線の対策を若いころに行っていない人に現れることが多く、最初は薄くてもしだいに濃くなっていきます。ほとんどの方に現れる現象で、シミの境界が分かりやすい特徴があります。

早めに対策をすることが重要で、薄い初期のころは美白化粧品も効果があります、真皮にまで定着するとレーザー治療で対処する必要があります。一番大切なのは、紫外線のブロックを若いころからすることです。この他、出っ張りジミといわれる表面が膨らんで黒色になるシミも存在します。液体窒素や炭酸ガスレーザーで治療を行い、取り除くことが可能です。

また、強烈な日焼けにも注意が必要です。花びら状にシミができる、花弁状色素斑の症状が現れることがあります。それぞれの症状によってしっかりと対策をとるのが大切です。どんな治療法が効果があるのか知っておくと、費用をムダにせず適切な対処が可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です