出来てしまったシミの最適な治療法について

by:

しみ治療新宿美容

多くの女性にとっての悩みの一つに肌に出来るシミがあります。紫外線を浴びることにより出来やすくなりますので、紫外線対策は必ず必要となります。紫外線対策は季節や年齢に関係なくしておくことが必要となります。普段のケアでは日焼け止めを使用したり美白美容液を使用することも効果的ですが、いざシミが出来てしまいますと自分で消すことは難しいですので、専門医に診てもらう必要があります。

肝斑という両頬に出来るホルモン性のシミは飲み薬や塗り薬が効果的です。それに加えてイオン導入やケミカルピーリングを行うことも有効ですが、お薬のみでも早ければ数週間で効果が現れてきます。円形のはっきりとしたシミである老人性色素斑が出来た場合は、レーザーによる治療が必要となります。1回のレーザー照射で済みますが、その後1週間ほどは患部にかさぶたが出来て、かさぶたが取れた後は絆創膏を貼っておく必要があります。

症状が広範囲にわたる方や施術後の絆創膏などに抵抗がある方には、ノーダウンタイムの治療法を選択することも出来ます。この方法でしたら絆創膏を貼る必要もありませんし、洗顔やメークもすぐにすることが可能です。ノーダウンタイムは治療をしていることを周りに知られたくない方にも適しています。シミの種類には様々なものがありますので、一口にこの治療法が良いとは断言出来ません。

どのような方法が最適なのか、施術後の負担はどう違うのか等を事前にしっかりと医師から説明を受けて安心して治療を受けることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です