ダイエット@情報ナビ

うどんでリバウンドしないダイエットに挑戦する

ダイエットでは、痩せたあともリバウンドしないことが理想的です。リバウンドによって今まで以上に脂肪を蓄える恐れがあるためです。リバウンドしないためには、無理な食事制限を行わないのがポイントです。うどんは、ダイエットを妨げる炭水化物ですが、リバウンドしないダイエットに最も適しています。うどんはコシが強いため、何回も咀嚼します。噛む回数が増えると、事前と満腹中枢が刺激されて、少しの量でもお腹が一杯になり、食欲が満たされます。コシが強いということは、消化されにくいことを示しており、炭水化物の中でも消化吸収のスピードが遅いです。よってカロリーが蓄積される前に、エネルギーとして消費されることが多いです。特にコシが強いのが讃岐うどんです。次に、他の炭水化物と比べて低カロリーです。100g当たりのカロリーはご飯で160キロカロリーですが、うどんはおよそ3分の2に相当する105キロカロリーです。1食分がおよそ250gなので、一度の食事で270キロカロリーしか摂取しません。さらに、トッピングとして多くの具材を載せることができるため、栄養バランスが整っています。特にトッピングとして外せないのが卵です。卵に含まれるビタミンB1は、うどんの糖質の代謝を促す働きがあります。また良質なタンパク質やアミノ酸が豊富です。ダイエットでは、脂肪を燃焼させるために筋肉が不可欠です。筋肉はタンパク質から作られるため、一緒にタンパク質を摂取すると良いです。またワカメには食物繊維が豊富で、便秘解消に役立ちます。ダイエット時に不足しやすいミネラルを補うことができ、カロリーも低いです。うどんダイエットは、3食のうち1食を置き換えますが、特に夜食べると良いです。