ダイエット@情報ナビ

ダイエット効果の高い注目の医薬品とは

ダイエットは、運動や食事の我慢で行う事が主流でしたが、今は医薬品で解決出来ます。
医療現場では、肥満治療薬と呼ばれていますが、食事に合わせ飲むだけでダイエットが実現します。
ダイエット薬の特徴は、脂肪の吸収を阻害する事、そしてそのまま排出する作用にあります。
サプリメントのダイエット効果は、脂肪燃焼がメインテーマで、新た取り込んだ脂肪には無力でした。
しかし、医薬品のダイエット薬は、飲むだけの手軽さに加えて、複数の利点が認められています。
利点の一つは、食事に合わせるだけなので、飲み忘れが簡単に防げる事です。
また、ダイエット効果は薬が担うので、面倒な運動に取り組む必要性は必ずしもありません。
効果を高めたい場合は、運動の併用も出来ますが、面倒な努力が不要な点は優れています。
脂肪の減少は、健康を阻害する理由になりますが、ダイエット薬は選択的に脂肪の吸収阻害を行います。
一度吸収されると燃焼し難いタイプの脂肪は、ハードな運動を繰り返しても減らす事が困難です。
その点は、ダイエット薬が燃焼され難い脂肪を優先して阻害するので、肥満を未然に防ぐ事が出来ます。
もう一つは、依存性が極めて低く、リバウンドのリスクを負う必要がない事が特徴です。
長く続けて服用しても、辞めたい時に辞められるので、安全性に優れた医薬品といえます。
脂肪吸収阻害型に食欲減退効果はありませんが、反動で食事量が増える心配は不要です。
医薬品の中には、脳に働きかけて食欲を抑える薬が登場しています。
こちらは依存性が認められているので、処方や入手に厳しい制限がかけられています。
脂肪を抑えるタイプは、安全性と効果に優れますが、ジェネリックの登場によって価格の利点が向上しています。

ダイエットに効果的な医薬品の服用方法

海外で人気の肥満治療薬にはオーリスタットという成分が含まれています。
この成分は脂質を分解する作用があるリパーゼという酵素の働きを阻害する事によって、脂質が体内に吸収されるのを妨げます。
大体30%程度の脂質を吸収せずに体外に排出します。
脂質は他のたんぱく質や炭水化物よりも高カロリーであり、その吸収を妨げるためにオーリスタットを含んだ薬はダイエット効果が高いという訳です。
薬の服用方法としては脂質の吸収を阻害するためにも、朝・昼・晩の食事中や食後に服用するのが基本となります。
ただ、この成分を用いた肥満治療薬を服用する時には吸収を阻害するために下痢になりやすい点に注意した方が良いです。
また、服用すると脂質以外の脂溶性ビタミンやベータカロテンの吸収も同時に阻害されてしまうので、食事量によってはそれらの栄養素も不足気味になりやすいので気をつけるべきです。
薬自体は3日から5日程度でほとんどが体外に排出されてしまって体内に残留する心配はないです。
食事を我慢せずにダイエットをする事が出来るのでリバウンドがしにくいというメリットもありますが、肥満治療薬は日本では残念ながら承認されていないです。
アメリカでは承認されているために安全性が高いのですが、日本で入手しようとすると個人輸入で購入する必要があります。
副作用の心配は少ないとは言え、医薬品である以上は注意して服用する必要があり、何かトラブルがあった場合も自己責任となりますので、しっかりと用量や用法は守って注意事項は守るようにする事が大切です。
食事制限の辛さを抑えてダイエットをしたいという人は、オーリスタットを含んでいるダイエット薬をうまく活用して痩せて下さい。

リバウンドせずにダイエットを成功させる秘訣

ダイエットを失敗させる最大の原因はリバウンドにあります。
痩せるのはそれほど難しくありませんが、痩せた状態を維持するのは大変です。
一気に減量をしても、体質は肥満体質のままなのです。
さらに無理なダイエットにより筋肉を減らし、それにより燃焼力が低下します。
無理なダイエットは一時的に体重を落としてくれますが、体重を維持するには不向きなのです。

リバウンドせずにダイエットを成功させるコツは、無理をしない地道な方法を選ぶことです。
地道な方法は劇的な効果は現れませんが、長期的に考えると減量幅が大きくなります。
1ヶ月に10kg減量させても、リバウンドして15kg増えてしまえば、最初から何もしないほうがよかったのです。
それならば、1ヶ月に1kgずつでもいいので、着実に痩せていったほうがいいでしょう。
確実に痩せる方法は、無理をしない食事制限と運動、腸内環境の改善にあります。
ダイエットの基本を継続するだけです。
巷には画期的な減量法が数多くありますが、画期的な方法というのは簡単に生まれるものではありません。
それよりも、昔から言い続けられている方法のほうが効果があることが多いです。

何をしても体重が落ちないという方は、どこかに甘えがあるものです。
痩せたいけど食べたいという方は多く、痩せたい気持ちが食欲に負けていれば、太ってしまうのは当然です。
本気で痩せようと思ったら、食事制限と1日20分の運動を実践しましょう。
これを確実に継続すれば、体重は落ちていきます。
呼吸をするだけで体重が増えることはありえません。
太る元となるのは食事なので、食べすぎを防げば減量できます。
食事制限をしても肥満が解消しないなら、その時点でもまだカロリーを摂りすぎています。

■サプリにダイエットのお手伝いを頼みましょう!
ダイエットのサプリは通販がお得
■利尿薬に興味がある方はこちらをチェック
フロセミドの作用機序を理解しましょう